ホームページ制作の流れ

ホームページ制作の流れ

このページでは、ホームページ制作の流れについてご案内しています。

1.取材・ヒアリング

取材・ヒアリング【ホームページ制作の流れ】

お客様からホームページを制作するために必要な情報を引き出すための取材を行います。お伺いする際に、事前にお客様に用意していただくものは下記の通りです。聞き取りをしながら、より詳しい内容、ご要望をお伺いします。

  • 使用する建物や人、商品などの写真(新しく撮る場合は結構です)
  • ロゴマークやキャラクターなどの電子データ(ない場合はカタログなどの印刷物)
  • 方針や理念、キャッチコピーなど特徴、特色を伝える文言
  • スタッフのプロフィール
  • 会社の沿革

*既にサーバーやドメイン、ASPの契約をしている場合は契約情報をお借りします。

どのようなホームページにしたいか、具体的なイメージをお持ちの場合は、そのイメージについて詳しくお伺いし、そのイメージを最大限に考慮し、デザインさせて頂きます。

2.サイト設計、デザイン制作

素材を集めながらサイトの設計をしていきます。必要なコンテンツを洗い出して、どうコンテンツを繋げていくか、トップページや各コンテンツ間の流れを決めます。

大きな流れが決まったら、各ページへどのように各パーツを配置するか、ナビゲーションも含めて配置する位置を決めていきます。

システムを導入する場合は、どのような機能にし、更新方法など仕様を決めて作成依頼をします。

3.素材の制作(写真撮影・動画撮影・イラスト制作)

素材の制作【ホームページ制作の流れ】

構造の設計をしつつ、装飾とテキストを補完する写真やイラストなどの素材を用意します。

写真撮影はドローン撮影など特殊機材が必要な撮影以外は弊社が行います。ホームページ制作に必要な写真を決めてお客様と撮影日を相談し、写真撮影を行います。

イラストはオリジナルで作成する場合は提携イラストレーターと連携して作成します。予算に合わせて素材も使用しつつ、デザインに合ったイラストをご用意いたします。

動画撮影もドローン撮影以外はある程度可能です。

4.サイトの基本設定

現在、ホームページの制作はwordpressで行うことが多いです。ネットショップの場合はASPまたはモール店になります。

初期設定と、ベースになるデザインを適用させ、必要な情報を入力していきます。

5.デザイン・コーディング

集まった素材を使い、デザインに肉付けを行います。写真と動画、イラストを配置していきますが、ほとんどがコーディングでのカスタマイズになります。

PC、スマホをメインに、タブレットでも不自然な表示にならないように気を配りながら調整します(レイアウトの最優先順位はスマホでの表示になります)。

システムを導入する場合は、システムへのデザインも行います。
ここが最も時間のかかる工程です。

*デザインを終えたら、ページを増やす前に一度デザインの確認をして頂きます。

6.検修・修正

検収・修正【ホームページ制作の流れ】

全てのページが出来上がったら、表記やリンクのミス、表示のエラーがないかなど一通りチェックをしてから、お客様にホームページの最終チェック(検修作業)をして頂きます。

この段階では必ず修正点や変更点が出てきますので、納期を優先させつつも、お客様が納得するものに仕上がっているかを聞きながら、最後の調整を行います。

7.納品

予定の納期に間に合うよう、ホームページの納品を完了させます。

納品してからも、ミスや不具合が見つかった場合、またご自分で更新される場合にわからない事がありましたら、丁寧に対応させて頂きます。

*納品後に新しいコンテンツを追加する場合は別途追加費用を頂きます。
*じっくりと育てていくコンテンツがある場合は、一度納品をしてから、保守作業として、納品後に更新作業を行なっていく契約を結ばせて頂きます。
*検索エンジン対策(SEO対策)についても、新しくコンテンツを作り続けていく必要があるので、保守作業としてご契約を結ばせていただく必要があります。

Avatar photo
オクヤマデザイン代表の奥山です。182cmの大柄ちょっと強面ですが、実は見掛け倒しです。写真撮影からの徹底的な作りこみが得意です。特にネットショップの運営代行はお任せください。